2007年01月24日

下半身の切断遺体発見、切断上半身との関連捜査


この人知りませんか? 24日午前9時半ごろ、茨城県石岡市小幡の山林で犬を散歩させていた近くの男性から「人の足のようなものがある」と県警石岡署に届け出があった。同署が確認したところ、性別不明の下半身であることが判明。11日に現場から三十数キロ離れた同県坂東市内で男性の切断された上半身が見つかっており、県警が関連を調べている。


 調べでは、遺体は腹の付近から切られており、遺体の近くには黒いビニールがあり、衣服は身につけていなかったという。同署が身元の特定につながる手がかりがないかどうか調べる。

 現場は常磐道千代田石岡インターから西へ十数キロの筑波山中で、道路から数メートル離れた林の中。

 一方、坂東市内で見つかった上半身部分は腹部から切断されており、黒い農作業用シートに包まれていた。切断面には新聞紙とタオルが詰められていた。
asahi.com:下半身の切断遺体発見、切断上半身との関連捜査
posted by こくぞう at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのリンクタグ


この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32020775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。