2007年01月23日

「住所は公園」ホームレス男性が2審逆転敗訴


不埒な希望―ホームレス/寄せ場をめぐる社会学 大阪市北区の公園でテント生活をしているホームレス山内勇志さん(56)が、公園を住所とする転居届を受理しなかった区長の処分は違法だとして取り消しを求め、1審で勝訴した訴訟の控訴審で、大阪高裁(田中壮太裁判長)は23日、原告逆転敗訴の判決を言い渡した。
 テント所在地の公園が住民基本台帳法の住所に当たるかが争点。

 昨年1月の大阪地裁判決は「住所かどうかは生活の本拠としての実体の有無で決まる」として、山内さんがテントで寝泊まりし仕事に出掛けていることなどから住所と認め、転居届の不受理処分を取り消した。
 控訴審で山内さんは「住民票がないと健康保険への加入や選挙権も行使できず、生活に困る」と主張。大阪市側は「公園は社会的見地から住所ではない。撤去可能なテントは定着性がなく、住民登録を認めれば不法占拠を助長する」などと請求棄却を求めていた。
「住所は公園」2審認めず ホームレス男性が逆転敗訴 [CHUNICHI WEB PRESS]

野宿者のテント住民登録、二審は認めず - NIKKEI NET
asahi.com:公園内テント、住所と認めず 野宿の男性逆転敗訴


検証!ホームレス「ピザ」デリバリー
posted by こくぞう at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのリンクタグ


この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31945452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。